自分の時間が確保できる|安い料金設定の家事代行サービスを利用

回収や片付けにかかる費用

婦人

物や時間で料金は変動する

便利屋さんという名目のお店は色々ありますが、一般的な便利屋さんでは不用品・遺品・廃品などの片付けをしてくれます。片付けをするにあたり警察などから許可が必要になるので、産業廃棄物収集運搬業許可・古物商・運転免許を持っていることが多いです。取り扱う物によっては、持っていない場合もあるかもしれません。不用品を片付けてもらう時には、その不用品がどのような物なのかや範囲で費用が変わってきます。便利屋さんは時給計算で費用を出すので、ゴミ屋敷などたくさんの物を片付ける時には高めになることもあります。不用品の種類は大まかに、粗大ゴミや家庭などで必要ではなくなった物・ゴミ屋敷や廃屋といった物が多く不用品回収の他に清掃要素も含まれる場合・オフィスなどの法人向けの不用品回収及び片付けに分けられます。粗大ゴミなどの家で不要となった物はその場で引き取りだけなので、物の大きさや需要性によって費用が違います。便利屋さんによって、見て決める場合とあらかじめ費用を定めているところがあります。ゴミ屋敷などで片付けに時間がかかる場合は、かかった時間と廃棄に関する内容で費用が決まります。また、人件費と車代もつくことがあるので事前に依頼を考えている便利屋さんの料金表を確認しておきましょう。法人向けの不用品回収及び片付けでは、主にパソコンや印刷機などの機械系を一気に回収する内容になっています。機械系でなくても少量でも可能だと思いますが、家庭向けと法人向けで対応内容が異なる場合もあるようです。廃棄又は回収してほしい物・依頼内容・依頼理由・かけられる費用などによって、適した内容を選んで依頼することが大事です。数多くの便利屋さんを比較できるサイトもあるので、活用してみることをおすすめします。